昨日現在、県内では11日連続で新規感染者が出ていない。簡単に安心するのは危険だからしないけども、それでも良かったなあとは思う。飲食店も再開の準備に入ってる所が出てきたっぽい。換気、消毒、マスク、人との距離を保つこと。変わらず十分に留意しつつ、日常が回るようになるといいなと願う。前ブログでも書いたように、各蔵から次々とアルコール製造の話が聞こえてきた。早いところでは「飲用不可」の文言を付けて、安く販売出来るようにと動いているところも(酒税が乗らなくなる)。ゴールデンウィークが明けたが、漠然とした毎日に何月なのか何日なのか何曜日なのかが曖昧。毎週金曜日にカレーを食べるという潜水艦乗りの人達もこんな感じなのかと思ったりする。さて、私だが、ここ1週間ほどカクテルを作るのが楽しくなってきた。元々作ったり関連書籍を読んだりするのが好きだったので、見よう見まねというか、あるもので雑に、自分好みに作るという、完全にオレ流。でも結構美味しいので楽しい。まだ幾つか試したいのもあるので、ぼちぼちやってみようと思う。

f:id:syun2key:20200508141309j:plain

①左上:米焼酎+甘い珈琲

②右上:米焼酎+サイダー+レモン+ミント

③左下:米焼酎+オレンジジュース+レモン

④右下:米焼酎+炭酸+アイスの実

4月25日から前倒しに始まったゴールデンウィークも既に今日と明日を残すのみになり。が、6日までを予定されていた緊急事態宣言も今月末まで延びた。熊本では昨日まで8日連続で感染者が出ていないけども、まだまだ安心は出来ない。前回のブログで書いた高濃度アルコール酒は、厚労省規制緩和と緊急処置リリースがあり、60度以上ならば消毒効果ありで、消毒液の代わりに利用できると販売の文言に入れても良いらしい。元々醸造用アルコールの製造は出来る蔵が多かった事もあり、あちこちの蔵が販売用に高濃度アルコール製造を始めた。「飲用不可」という文字をラベルに入れれば、酒税が免税になるという話もあり、これから更に市場に出てくる種類が増えると思われる。最近の世の中の流行りはZOOM飲みだそうで、いわゆるTV会議の飲み会版。早くは2月末から最低限以外は出歩かず自粛するという生活が続いて「閉じた」生活をしている。なかなか気晴らしもままならない状況を打破するために、通常仕事で使っているZOOMという機能を飲み会に応用したというところ。友人から誘われて私もやってみたのだけども、慣れた顔を見られるというのが精神的に及ぼす効果というのをまざまざと感じた次第。大した事を話さなくても、十分楽しめたし嬉しかった。まだ暫くはじわじわとした低空飛行が続くのだろう。今年の1月が随分遠い昔に思える。野球もサッカーも今月一杯は延期が決定したし、音楽イベント等も目処は立たず、世界全国のお祭りも片っ端から中止になった。いいニュースの少ない毎日だけども飲み込まれないように、なんとかやっていきたい。

f:id:syun2key:20200413150702j:plain

マスクは相変わらずありませんが、消毒用アルコールは各地の酒蔵でも生産が始まりました。熊本では瑞鷹さん謹製の高濃度アルコール蒸留酒(75度)発売。有り難いことです。酒なので酒税がかかりますが、口に入っても大丈夫ってのはいいですね。食器やマスクとか食べ物にかけてもOK。うちでも取り扱い開始しました。さてさて、曜日が判らなくなるってのは今までも結構ありましたが、最近は日にちが判らなくなって愕然としております。怖い。コロナコロナで毎日が過ぎていくので、段々感覚が薄くなったのかな?。何だかもうずーっとこんな感じな気がしています。このままだと今年前半は失われた半年とかになりそうだ。いや、なってるな既に。後半が持ち直しの後半になりますように!。街中も覗きに行きたいけども、居た方がいいしね。ちなみに健軍方面は随分と休業のお店が増えました。閉店も。